ヤマハのドラムスクールに

中高とブラスバンド部で、パーカッション担当だった私。いい線いってるって勝手に思っていて、高校生の時にヤマハのドラムスクールに行ってみました。今振り返ってみると、恥ずかしいくらいの自信過剰の行為です。もちろんのように初級コースへの入会を勧められ、あっさり辞めました。夢を見ていたようです。現実が知れてよかったです。
今私には小さい子供が二人いるのだけど、子供を芸能スクールに入れているママ友がいます。気持ちは分からなくはないけど、芦田愛菜ちゃんみたいになるのは非常にまれなこと。歌を楽しんだり、あいさつや礼儀作法を学べてよいことだ!くらいに思って、結果を子供に期待するのはやめといたほうがいいよな、っと外野から見守る今日頃…。例えば、自分が若いころ歌手になりたくって夢が叶わず、それを子供に繋いでいるとしたらそれって子供にすごく迷惑だもんね。だけど子供が自分から、本当にやりたいって言ったら応援してあげたい。ということはお金を貯めとかないと、コレ系スクールってお金がかかるのです。

Copyright (C)2017学校に通う・学ぶ・考える−スクールのメリット−.All rights reserved.